年に一度の決算処分市

年に一度の決算処分市を5月25日から29日まで開催致します。全在庫を処分価格にてご提供いたします。是非、この機会にご家族・お友達お誘い合わせ上お出かけ下さい。

なお5月31日は、在庫棚卸しの為 臨時休業致します。

DMの商品以外も処分価格にご提供いたします。心よりお待ちしています。

BY カズ

 

中国出張

お客様とご一緒に中国へ出かけてきました。益々、ご繁栄です。毎回感じることですが、また新しいビルが出来ました。少しは、公共衛生も良くなり、町も田舎も劇的にトイレが綺麗になりました。まあ~、前が前なので、そして、高速道路も穴ぼこがなくなりスムーズに走れます。若い人は、ほとんど携帯電話を持っています。何か尋ねても、携帯電話の通訳機能で返事を戻してくれます。そして、お金(元)は、携帯電話に変わっていました。小さな商店も携帯電話での支払いが出来ます。お金を持たないで済むみたいです。日本より進んでいます。ほぼ、この分野では、負けているかも?ただ、ライン通話が出来ないのが毎回不便です。中国版ウィチャットで代行しています。日本も頑張らないと不味いかも!!

 町は、人人で賑やかです。

 郊外もビルが建設ラッシュです。バブルはないのかな?日本の12倍なので弾けるまで12倍の年月が掛かるのかな?

 夜も昼同様に、人人 無錫の田舎町ですよ?といっても名古屋の人口の10倍ほどですが。人口が多いのは購買力がありお金が回るのでしょう。元気な中国を支える原動力ですね!!

 相変わらず混み合う高速道路、都市開発はどんどん進んでいます。車窓からの上海です。

BY カズ

還暦のお祝い会

サプライズで、家族が還暦のお祝い会を開いてくれました。5月に誕生日が来て60歳の還暦を向かえました。自分では、まだまだ、若いと思っていましたが、あそこが痛いここが痛いそして血圧が高いと若いときと違い、日々健康について考えることが多くなってきました。この様に子供たちが、人生の節目に、お祝いをして頂ける事は、本当に幸せな事です。60年前の、ワインをプレゼントして頂き、いつ開けようか悩んでいます。これからは、おまけの人生なので、一日一日大切に過ごして生きたいと思います。

1958年生まれのワインと日本きもの商事オリジナルちゃんちゃんこを着て、満足しています。

BY カズ

 

カルカッソンヌ観光

フランス人も行きたい観光地ベスト3に入る場所です。とんがり屋根の美しいコムタル城見学をしました。お城には、サンナゼール寺院があり、南からの侵略者を防ぐために作られて大きな城壁も持つお城です。その後ミディ運河をクルーズ致しました。パリに荷物を運ぶために作られた運河で、地中海からパリに荷物を運ぶために、作られたそうです。途中、水位を上げ下げする水門を通過しますが、この仕組みが大変興味深かったです。

 カルカッソンヌ城壁 夜のライトUP   カルカッソンヌ城壁 黄色いのは、期間限定でアーテイストがペイントをしたそうです。少しがっかりです。

城壁内のコムタル城です。

 ミディ運河クルーズ。大西洋に河口を持つガロンヌ川と地中海の港街セートの間240KMを結ぶ運河です。 水門も通過していきます。下の写真の船が、水門の開け閉めで10Mほど動きます。

 水門のゲートが開いて 次のゲートまで進みます。2つの水門で船の出入りをしています。すごい!!

BY カズ

ボンデュガールとアルル

ローマ時代に建設された水道橋を見学しました。石造りのアーチ形の橋げたはとても綺麗です。橋の最上階を渡ってきました。とてもしっかりしていて、まだ、何百年も持つと思います。とても2000年前に作られた物とは思えません。その後、アルルへ向かい円形闘技場を見学して、絵画でも有名なゴッホが描いた跳ね橋を見学しました。

ローマ時代に建てられた水道橋です。この橋の一番上を渡りました。右端の写真に段差がありますが、これは長い年月で水が運んだ石灰との差を見せる為に切断されています。水道の幅は狭くて高いので高所恐怖症の方は少し難しいです。

アルルの町では御祭りがおこなわれていました。右側は円形闘技場です。

 ゴッホの描いた絵にあるレストラン

街中、ゴッホが描いた作品と同じ場所にプレートが立ててあります。この跳ね橋、レプリカとの事です。

 

BY カズ

世界遺産アヴィ二ヨン

法王庁の見学をしました。元々ローマ法王がいた場所で大変大きな建物です。革命の時に、装飾品は持ち出されました。石造りの建物は現存しています。サン・ベネゼ橋の見学をしました。ヨーロッパは、歴史的建造物が多く残り、それぞれの時代で、作り方も違いまた宗教の歴史も違いがり、毎回勉強になります。

山間の町ルション村 壁の色の赤褐色の土が特産品です。

法王庁です。以前はローマ法王が住んでいました。中はがらんどうです。

サン・ベネラ橋 途中までで、洪水に流されたそうです。

BY カズ

ニース観光とサン・ポール・ド・ヴァンス

ニースでは、シャガール美術館を見学しました。シャガールは、ロシアの方で暖かい風土のニースで活動していたそうです。海岸は、地中海の暖かい気候で、海で泳いでいた方もいました。街は、観光客でにぎやかです。ニースから1時間ほど、山間の町サン・ポール・ド・ヴァンスは古城めぐりです。ヨーロッパは、歴史的な建造物が多く、見学も歩きが多く石段も多く、膝に腰に、衝撃がきついです。エクス・アン・ブロヴァンスの市内観光を致しました。

   シャガール美術館です。

 宗教画多く、勉強している方にはとても良いみたいです。私にはとても難しかったです。  館内での撮影は自由です。

 ニースの海岸です。少し寒いので海で泳いでいる方は、余りいませんでした。ビーチでワインを飲んで日焼けしているのかな・・・

 高台にある高鷲村

 サン・ポール・ド・ヴァンスの入り口

 カフェで休憩

南フランス ブロヴァンス・コートダジュールの旅

ゴールデンウィーク休暇に、南フランスへ行って来ました。パリで乗り換えてニースへ向かいました。ニースから1時間半ほどでモナコ公国に着きます。モナコと言えば、イタリアのバチカンに続き、2番目に小さな国です。F1とカジノ・グレース王妃が有名です。5月末に開催されるF1レースに向けて、街中が仮設スタジオを作っていました。モナコは観光都市ですが、世界中のお金持ちが集まる街でもあります。所得税が、一切かからないそうで、マンションも高額で、不動産バブル状態です。

 モナコの中心街です。F!の観戦席が見えます。 右側は地中海です。沢山の船が停泊していました。

 グレース王妃のお墓です。

 カジノホテルの前です。ここもコースの一部です。街中を使ってF1レースが観戦出来るようになっています 。 F1おなじみのトンネルコースです。

BY カズ

御仏前結婚式

お客様のお嬢様が、お寺に嫁ぐのでご仏前結婚式をあげられました。名古屋駅にあるマリオットホテルのロビー階で行われました。ロビーフロアーなので、自由に見る事が出来ました。讃美歌の結婚式は、見たことがありますが、仏前結婚式は初めてです。会場のマリオットホテルでも初めてだとの事です。仏前結婚式も、趣があり神聖な雰囲気でとても良かったです。

綺麗なお嫁様です。

BYカズ

ゴールデンウィーク休暇のお知らせ

4月29日より5月6日まで、ゴールデンウィーク休暇を頂いております。なお、きものネット商会は、5月1日2日3日と臨時休業致します。休日以外は、通常通りご発送を致します。5月7日より通常通り営業を致します。
ご不便をお掛け致しますがよろしくお願い致します。